生理不順 サプリ

生理不順と基礎体温

 

生理不順が気になる人は、ぜひ普段から基礎体温を測るようにしてください。生理不順というのは女性ホルモンの異常が問題となって生じるものですが、女性ホルモンと基礎体温には深い関係があるからです。基礎体温というのは人間が生きるための最低限の体温で、体調や食事などの影響のない状態の体温の事です。基本的に朝の起きた時に測るのが最も正確に測定出来ると言われています。

 

基礎体温は普通の体温計で測れないことはありませんが、より正確に知りたい場合は基礎体温計を利用しましょう。小数点2位まで図ることが出来ますから、細かい違いもしっかりと知ることが出来ます。基礎体温を測定したらそれを毎日グラフにしていきます。そのグラフの形状を見ながら、低体温と高体温の時期がはっきりと14日ほどの周期で繰り返されているなら正常で、低温期が長く続くなら生理不順の可能性が高いです。

 

逆に高温の時期が続くようなら妊娠の可能性があります。女性ホルモンのエストロゲンが多く出る時期は基礎体温が低い低体温の時期で、プロゲステロンが多い時期は高体温になります。

 

婦人科系のトラブルがある場合には、この基礎体温の変化が医師にとっても重要な情報となりますので、ある程度しっかり理解しておくことは健康管理上も大切です。妊娠前だけ気にするという人も多いのですが、普段からチェックしておくにこしたことはありません。

 

生理不順の改善に亜鉛が有効

 

セックスミネラルと呼ばれることもあるほど、生殖器の機能に対して影響を与える栄養素が亜鉛です。亜鉛は食品に含まれている量もそれほど多くなく、かつ体内での吸収率もあまりよくないという困った性質があるので不足しがちですが、これをしっかり摂取することによって生理不順が解消する可能性があります。

 

亜鉛は男性ホルモンや女性ホルモンに特に影響を及ぼす成分であると言われていて、亜鉛は体内でホルモン分泌を正常化させる役割を持っています。また細胞分裂などにもかかわっているので、新陳代謝にも重要ですし、女性が妊娠した際などには特に重要です。亜鉛が不足するようになれば女性ホルモンの分泌が悪くなり、それに伴って心身にも多くの変化が生じるようになります。その結果、生理不順が起こるようになります。

 

亜鉛が含まれている食品というと、牡蠣やレバー、うなぎ、チーズなどになりますが、実は牡蠣の他はおそらく好きなだけ食べたとしても亜鉛の摂取目標値には届きません。それほど含有量は多くないのです。しかし牡蠣も季節物であるうえにそれほど多く食べることもないでしょうから、亜鉛は食事からだけでは基本的に不足してしまいます。

 

そこで利用したいのがサプリメントです。亜鉛のサプリメントは吸収率も配合量も工夫されているので、効率的に亜鉛を摂取することが可能になっています。もちろんサプリメントさえ摂取したら大丈夫ということはありませんが、サプリメントを普段から服用し、出来るだけ上記の食品を意識して摂取するようにすると良いでしょう。

 

生理不順の原因は肥満?

 

生理不順の原因はいろんなところにありますが、実は肥満もまた生理不順の原因となります。太っている人が必ずしも生理不順になっているわけではありませんが、どうしてそのようになるのでしょうか。まず誤解されないように断っておくと、肥満だけが生理不順の原因ではありません。痩せすぎもまた生理不順を引き起こします。ですから痩せていればよいということでもありません。

 

そもそも脂肪細胞というものには女性ホルモンを作る役割もあり、特に女性ホルモンのエストロゲンは脂肪と大きな関わりのあるものです。脂肪が過剰にあればエストロゲンの分泌過剰によって生理不順が生じやすくなりますし、また逆に脂肪が極端に少ない場合にはエストロゲンが少なくなって生理不順が生じる可能性があります。

 

肥満になると、食欲を抑える働きや自律神経の働きが悪くなることがあり、そのために体に多くのトラブルが生じるようになります。単純に脂肪が多い状態である肥満が多くの病気の原因であると言われるのはこのためです。肥満によって生じた自律神経の異常は、ホルモンバランスの異常にもつながりやすく、体に反応が敏感に現れる女性はこれによって心身の変化が起こりやすいのです。

 

ですから生理不順と肥満を抱えている人は、まずは肥満を解消するために頑張ってみましょう。すぐに改善出来るものではありませんが、食事制限と運動をしっかり行っていけば、少しずつ痩せてそれに伴って生理も正常な状態に近づくはずです。

 

生理不順の人は野菜を摂取しよう

 

生理不順の改善のためにも、野菜は積極的に食べてみたいものです。現代人は野菜不足だと言われていますが、実はこの野菜不足が生理不順にも関係しているからです。野菜の多く含まれるビタミンやミネラルと言った栄養素は、それ自体が体を作ったりエネルギーになったりはしませんが、これらによって体の機能が正常に保たれています。特に自律神経との関係も深い栄養素ですから、積極的に摂取しておくと生理不順の改善やホルモンバランスの調整に役立ちます

 

野菜が不足すれば当然、生理不順だけではなく多くの病気の原因にもなりますし、美容面でもお肌が乱れてしまったり、血行が悪くなったり便秘になったりとトラブルが増えるようになります。

 

ごぼうやにんじんなどの根菜類は体を温め、血行を促進する効果がありますのでより積極的に摂取したいものです。ショウガなども血行を改善する効果が高いので、意識して料理の中に入れていくとよいでしょう。野菜は生で食べると体を冷やしやすいですし、量を食べることが出来ないので、蒸したりゆでたりして加熱した形で調理するのが良いでしょう。焼いたりするとどうしても油が必要になるので、その分カロリーも多くなりがちですので注意しましょう。

 

現代の女性たちの体質に悪影響を与えているものに、過剰なダイエットがあると言われています。食事や栄養、ダイエットに関する知識がないままに食事制限をすることによって、体の調子が崩れることが多いようです。ダイエット時も野菜が減らないように十分に注意してください。

 

生理不順解消に運動と睡眠

 

女性はストレスに非常に敏感に体が反応しますから、強いストレスが重なることで生理が止まってしまうということもあります。子宮というのは女性そのものと言われることもあり、心理状況などがそのまま子宮の働きに影響することは少なくありません。日常生活の人間関係や仕事、学業、進路の問題などいろんな理由で心が疲れれば、それだけ子宮の働きも悪くなって生理不順などのトラブルも増えるのです。

 

ストレスをコントロールすることが出来ればよいのですが、それは簡単なことではありません。ストレスをコントロールするというのは、ストレスを全滅させることやその原因を取り除くことではなく、自分がストレスを受けやすい要因を避けたり、日々受けるストレスを都度解消していくことです。これなら簡単ではないにしろ不可能ではありません。

 

生理不順を抱える人の多くが強いストレスを抱えているそうですので、しっかり改善しておかないと将来的に子供が生めなくなる可能性もあります。日々イヤな気分にさせられたうえに、さらに子供も産めなくなるならどれほど困るでしょうか。そうならないためにもしっかりストレスをやっつける必要があります。

 

最も健康的で手軽な方法が運動と睡眠です。これらは現代の女性たちに不足しがちな要素でもあります。運動不足や睡眠不足にならないように普段から意識しましょう。毎日スキンケアを1時間するよりも、運動と睡眠を30分ずつ増やす方が健康にも美容にも効果的ですから、生理不順の改善のためにも運動と睡眠を増やしましょう。

 

更年期になると女性も内臓脂肪が増える理由

 

男性よりも女性は内臓脂肪をためにくいといわれていますが、更年期を迎える頃になると女性も内臓脂肪が溜まりやすくなるとされています。どうして更年期頃になると内臓脂肪が溜まりやすくなるのかというと、女性ホルモンの分泌量が著しく低下してしまうためなのだそうです。

 

男性がどうして女性よりも内臓脂肪が溜まりやすいのかというと、エストロゲンの働きが弱いためです。エストロゲンというのは、コレステロールや中性脂肪が溜まりにくくなる働きをもっているのですが、女性も更年期になると急激に分泌しなくなっていきます。そのため、エストロゲンの働きも弱くなってしまい、女性も内臓脂肪が溜まりやすいです。

 

55歳位までは、男性の方が心筋梗塞や動脈硬化などの発症リスクが高くなっているのですが、それ以降は女性も同じくらいの発症リスクになってしまうと言われています。さらに更年期になるころには、だんだん関節痛に悩まされ始めてきたりするため、あまり体を動かさない日常を過ごす人が多くなります。

 

そのせいで代謝も下がってしまいますし、更年期障害によって暴飲暴食をしてしまったりすることもあるため、内臓脂肪が急激に増えてしまう人も少なくありません。内臓脂肪が増えないようにするためには、運動習慣を身に着け、食事バランスや食事量の改善をしていかなくてはなりません。

 

これまではエストロゲンのお陰で内臓脂肪がつきにくくなっていたのに、エストロゲンの分泌量が少なくなると、一気にポッコリお腹になりかねません。大豆イソフラボンなど女性ホルモン同様の働きをする成分を摂取して、エストロゲンの働きのサポートをしていくことも大切です。

 

こちらもどうぞ 内臓脂肪を落とす薬効果ある?運動と食事で減らす内臓脂肪

 

クリルオイルについて

 

クリルオイルというのはオメガ3系健康油、アスタキサンチン、リン脂質などが含有されておりエイジングケアに非常に効果のある成分が含まれているオイルになり、南極オキアミから抽出されます。ちなみに南極オキアミというのはエビに似たプランクトンです。

 

この南極オキアミはクジラなどの主食にもなっており、栄養価が高く吸収率もいいのでクジラなどのパワーにもなっていることで世界中から注目されています。さらにオリンピック選手のサプリメントなどにも採用されたりしていることで注目度は高まり、健康や美容に気を使っている方に人気が出てきています。

 

さらにクリルオイルは赤色をしていますが、これはアスタキサンチンが含有されている証拠です。非常に栄養素が高いオイルではありますが、漁獲量にも制限がある程貴重な存在であるということも覚えておきましょう。クリルオイルをどうやって摂取すればいいのかというと、サプリメントが一番になります。

 

不純物が一切ないサプリメントとなると高い技術と管理が必要になりますので、サプリメントによって品質が異なるということをおぼえてチェックしましょう。では、どこをチェックすればいいのかというと、原料が100%南極オキアミであることです。さらに、化学溶剤であるアセトンなどを使用しないで抽出されているということ、リン脂質が40%以上であるということを見る必要がありますので覚えておきましょう。

 

おすすめポイントで選ぶクリルオイル http://www.autosurf-gratuit.com/