毛髪が紫外線で日焼けしてしまわないように

紫外線というのは頭の悩みの殆どの原因になってしまうのです。外出をするときに、帽子を被ってしまうと頭がペッシャンコになってしまうという理由で、帽子をかぶらずに外出をしてしまっていた人も多いのではないでしょうか?長時間紫外線を浴び続けてしまっていると、それだけ紫外線によってダメージを受けてしまうわけですので、髪の悩みに発展してしまう可能性は高くなってしまいます。

 

毛髪が日焼けをしてしまわないようにするためには、どんな対策をしていけばいいのでしょうか?毛髪というのは自分で回復をする力を持っていません。ですので、少しでも早く毛髪が日焼けをしないように対策をしていくようにしなくてはなりません。毛髪を紫外線から守るための方法として、日傘をさしたり、帽子をかぶる、紫外線が強い時間は外になるべく出ないなどといった方法があります。

 

まず、帽子をかぶるという方法ですが、紫外線を直接浴びないようにすることができますので、紫外線対策としてとても有効になっています。紫外線対策をするために帽子を購入するのであれば、麦わら帽子のように通気性に優れているものや、ツバが7cmくらい広い帽子、UVカット効果がある帽子などを選ぶようにするといいでしょう。特につばが広く通気性に優れている麦わら帽子は、頭が蒸れてしまわないようにしやすいですし、熱中症にもなりにくいですのでぜひかぶりたいところです。

 

次に日傘についてですが、日傘は当然UVカットの効果があるものを選ぶようにしましょう。いろいろな色の日傘があるのですが、基本的に外側はどんな色でも問題はないとされています。ただし、内側の色はちゃんと確認をしておくようにしてください。内側が白色になっている場合、紫外線が反射されてしまって、紫外線が頭皮にあたってしまうことになります。日傘を選ぶときには内側の色が黒っぽい色になっているものを選ぶようにしましょう。

 

この他にも、頭皮用の日焼け止めスプレーを使って、毛髪や頭皮の日焼け対策をするという方法もあります。ただし、効果が期待できるものほど、使われている成分も強力になっていますので、敏感肌の人は先にパッチテストをして、拒絶反応が出ないか様子を見ることから始めるようにしましょう。そして、最後に、紫外線が最も強い10時から14時はなるべく外出をしないようにするということも、紫外線対策として有効になっています。